富山県高岡市の介護保険における住宅改修 高齢者・身障者介護リフォーム工事専門店

FrontPage

画像の説明包括・居宅介護支援事業所のケアマネジャーさんと連携いたします。
画像の説明手すり工事はすべて北嶋が取付けます!

画像の説明  画像の説明画像の説明画像の説明
高岡市徘徊SOS緊急ダイヤルシステム事業協力団体登録店   1人でも3人前のパワーがあります 押忍!

ハウスケアリンクの介護保険における住宅改修事例 (H29・6月 )

改修前改修後
画像の説明画像の説明
道路から玄関まで距離が短い,傾斜のあるポーチに屋外用手すり取付
画像の説明画像の説明
道路から玄関まで距離が長い,傾斜のあるポーチに屋外用手すり取付
画像の説明画像の説明
トイレの中の間仕切壁を外し、立ち上がり動作に便利な縦型手すり取付

住宅改修で元気になりましょう!

2000年(平成12年4月)に、「いつまでも安心した暮らしを保障するために」
を目的に介護保険制度が発足しました。

みなさんがご存知のとおり、高齢者に対する介護サービスは、
これまで老人福祉・老人保健の制度によって提供されていましたが、
総合的なサービスが利用できないなどの問題点が指摘されてきました。
 
介護保険制度では、入浴・排泄・食事等の介護や機能訓練、看護等の必要な
保健医療サービスと福祉サービスの給付を行うものです。
 
介護保険のサービスは、要介護状態になった被保険者が居宅において、
その有する能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにするために
給付を行うこととされています。

言い換えれば、介護保険は居宅重視の考え方を中心に、
高齢者が介護を必要となっても、自分の住みなれた家や地域で暮らせる
ように適切なサービスを提供するものです。

画像の説明

老いと介護の問題。これは人間誰しも避けて通れない道です。

かつて元気だった自分の親が老いて、生活のさまざまな面で不都合が生じてきます。

遅かれ早かれ家族の手助けなしでは、生活できなくなる局面に至でしょう。
 

しかし、先行きが全く見えない不況社会や、少子高齢化がどんどん進み、
家族と別々に暮らす独居高齢者が増加する一方です。
 
高齢と共に住まいも老朽化が進み、若い頃には何でもなかった床の段差、ドアの握り、
和式トイレ、深い浴槽、階段昇降などが、怖くありませんか? 
「高齢者だから・・・古い家だから・・・」と我慢していませんか?
 
もう大丈夫ですよ、独りで苦しまないで下さいね。

light,画像の説明



ハウスケアリンクでは、国の介護制度や各市町村の

助成金を大いに利用し、医師・理学療法士・作業療法士・

社会福祉士・ケアマネジャーさんと一緒に、

バリアフリーアドバイザー(一級建築士)が連携し合い、

安全に安心して長く住める、

「やさしい介護リフォームプラン」を処方させて頂きます。


介護保険における住宅改修助成金
20万円制度を利用しましょう!

画像の説明

介護が必要となった場合に考慮したいのが、家屋のリフォームです。

介護用に改修を行うので介護リフォームと呼び、工事内容によっては介護保険が
適用できますので、自己負担が1割で済むことがあります。

介護リフォームで注意したいのは、3点あります。

画像の説明1点目は、どのような改修を行うのが、介助等の世話に適しているのかです。
画像の説明2点目は、介護保険が適用できる改修かどうかの確認です。
画像の説明3点目は、リフォーム業者が介護リフォームの経験があるかどうかです。

画像の説明1点目は、リフォームの工事内容については、介護を受ける人や介護を行う人が 困って いることを解決できる内容にすることです。症状に応じた介護リフォームで症状が改善することもあります。そのためには、症状や身体機能の確認を行い、専門家にしっかりしたケアプランをたててもらうことです。

画像の説明2点目の介護保険が適用できる工事とは、手すりの取り付け、段差の解消、フローリングへの変更、洋式便器への取り換えなどですが、市町村により細かく規定されているので、再確認して計画を立てることです。

画像の説明3点目のリフォーム業者の選定については、ケアマネジャーと連携してプランを立ててもらえる経験豊富な専門業者が良いでしょう。

介護保険が適用できる工事であっても工事業者の資格や指定はないため、
悪質な住宅改修業者によるトラブルに合わないためにも、
介護リフォーム業者選定の段階から慎重に行うことをお勧めします。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional